節税のために明治安田生命「じぶんの積立」を契約するかどうか迷ったけど、契約しないことにした

スポンサーリンク

他のブログを見ていると、節税に便利そうな生命保険「じぶんの積立」という商品を発見。
契約するか、しないか、2回迷ってモヤモヤ。
今後迷うことへの抑止力になることを期待して、調べた内容を公開。
f:id:sato_susumu:20171215022910j:plain

「じぶんの積立」の説明や特徴

「じぶんの積立」で生命保険料控除を有効活用したった【リスク0で利回り10%超】 | 弱小アフィリエイターの税金メモ
こちらのリンク先がとても詳しい。

めちゃくちゃ「お得」でお勧めの保険、でも納得がいかない理由 | 山崎元のマルチスコープ | ダイヤモンド・オンライン
あの山崎元さんがオトクな保険として紹介しているだけでも興味が湧く。

メリット

  • 生命保険控除額を有効活用して、節税できる
  • 住民税が減るので、保育所の保険料を計算するときにも多少影響する

デメリット

  • 資金が拘束される
  • おそらく、営業の電話がかかってくる
  • 状況を把握しておくために余計な脳のメモリーが使われる
  • 契約手続きは対面で面倒
  • 生命保険会社が破綻した場合、払い戻し金が減額されるリスクがある
  • 払込金額はマネーフォワードで自動で把握できないので、手動で記録する必要がある

所得税の生命保険控除額(掛け金を「5,000円/月」に設定した場合)

年間の支払保険料等(40,000円超 80,000円以下) → 控除額:35,000円
所得税の税率: 自分の場合はたぶん20%
節税額は 35,000円 × 20% = 7,000円

所得税の生命保険控除額(掛け金を「10,000円/月」に設定した場合)

年間の支払保険料等(8万円超) → 控除額:40,000円
所得税の税率: 自分の場合はたぶん20%
節税額は 40,000円 × 20% = 10,000円

住民税の生命保険控除額

年間の支払保険料等(56,000円超) → 控除額:28,000円
所得税の税率: 10%
節税額は 2.8万円 × 10% = 2,800円

拘束される資金額

掛け金を「5,000円/月」に設定した場合、年間6万。5年で30万。
掛け金を「10,000円/月」に設定した場合、年間12万。5年で60万。

結論

落ちてる(年額)1万円は拾いたい。。。拾いたいけど、デメリットがキツイ。
なので、結論は契約しないことに決めた。