電力契約切り替えの検討

スポンサーリンク

関西電力から「eおとくプラン」への契約切り替えのダイレクトメールが来たので、切り替えを検討。

結論

我が家の節約効果はせいぜい年間2万円以下。
調べれば調べるほど面倒だったので、もっと普及率が上がるまでは見送り。
当分考えない(思考停止)

関西電力からの案内内容

直近1年の月間平均使用電力量 653kWh
直近1年の年間料金 240,180円
「eおとくプラン」に変更した場合の年間料金 226,747円
提示された節約される年間料金 13,400円
節約できる割合 5.57%

電力契約切り替え状況 (2017/5時点)

経済産業省 2017/8/22発表情報

約1年で契約を切り替えたのは約634万件(全体の約10%)
思った以上に切り替え率は高い。

内訳:
新電力(自由化で参入した電気事業者) 約353万件
大手電力の割安なプランに変更 約281万件

新電力のシェア (販売電力量ベース。2017/4時点)

経済産業省 2017/8/22発表情報

1位 東京ガス(24%)
2位 KDDI(13%)
3位 大阪ガス(11%)
4位 JXTGエネルギー(8%)

注意点

  • 電気事業者によって契約内容は様々
  • 契約内容によっては数年の縛りや違約金(解約金)がある
  • 電気事業者毎に対応するエリアが決まっている
  • 引越し先が電力会社のエリア外の場合、違約金が発生する契約もある
  • 引っ越しするときに連絡必要
  • アパートやマンションでは電力会社を選べる場合と選べない場合がある
    マンションで一括契約されている場合は選べない

他にも注意点はあると思うけど、調査打ち切り

参考

電力契約切り替え率10% 家庭向け 自由化約1年 :日本経済新聞