クレジットカードの選択基準

スポンサーリンク

2017年10月からREXカードの還元率が1.25%まで下がるので、クレジットカードの体制(?)を見直し。

結論

各サービスに登録しているカード情報を変更するのも手間なので、REXカードは継続。

生活費以外の見える化のために、生活費以外の出費は楽天カードを利用。

Amazon MasterCardクラシックはAmazonでの高還元率、Amazonの支払い料金を見える化のために利用。

f:id:sato_susumu:20170909205741j:plain

クレジットカードのメリット

  • MoneyForward(マネーフォワード)に自動で記録される
  • キャッシュレス
  • ATMでお金を下ろす回数が減る

クレジットカードに求めること

  • MoneyForwardとの連携(必須)
  • メインカードは家族カードあり
  • 通常使用時の高還元率
  • 一目でクレジットカードだと分かること(支払い方法を説明する手間が省ける)
  • ポイント交換手続きの簡単さ。できれば自動変換
  • Web明細への反映の速さ
    マネーフォワード連携と連携するとき重要。
    JACCS系のカードは遅い部類らしい
    参考サイト
  • 利用限度額が制限できること
  • 持ち歩くカードは極力少なくて済むこと
  • 決済ブランドはVISA

現状のカード

REXカード(メインカード)

  • 年会費無料
  • 家族カードあり
  • 通常の買い物の還元率1.25%
    昔は還元率1.75%とダントツだった。。。
  • ポイント交換は手動だが、請求額から差し引ける
  • ETCカード無料
  • Web明細への反映が遅い

楽天カード

  • 年会費無料
  • ETCカード 年540円
  • 家族カードあり
  • 通常の買い物の還元率1.0%。楽天系数%
  • 還元は楽天ポイントに自動交換。
    でも、あまり楽天使わないので微妙。
  • Web明細への反映もそれなりに速いらしい
  • 明細書発行費用 82円

Amazon Mastercardクラシック

  • Amazon利用で2%還元(プライム会員のみ。通常会員は1.5%還元)。Amazon以外の利用は1%還元。
  • ポイント還元が全自動
  • 年会費は初年は無料、翌年以降は1,350円(税込)。年1回以上の利用で翌年が無料。
  • 手続き先は、三井住友カード株式会社。
  • マネーフォワードに登録する場合は、三井住友VISAカードで登録
  • 家族カードなし
  • 決済ブランドがMasterCardなのがイマイチ。(Amazonの引き落とし専用で運用しているので問題なし)
  • 一目でクレジットカードと認識されるか不安。(Amazonの引き落とし専用で運用しているので問題なし)

還元率の違いによる影響

利用金額別、還元率ごとの還元金額

還元率0.25% 0.50% 1.0% 1.25% 1.50% 2.0%
利用金額10万 250 500 1,000 1,250 1,500 2,000
15万 375 750 1,500 3,000 2,250 3,000
20万 500 1,000 2,000 2,500 3,000 4,000
120万 3,000 6,000 12,000 15,000 18,000 24,000
180万 4,500 9,000 18,000 22,500 27,000 36,000
240万 6,000 12,000 24,000 30,000 36,000 48,000

メインカードの候補に検討したけどダメだったカード

P-one Wiz

高還元率は嬉しいけど、Web明細への反映が遅いのが致命的