子供に必要な学費を調べてみたら驚いた

スポンサーリンク

まとめ

ケース1:大学は私学理系

  • 大学は私学理系。自宅から通う
  • 小学校から高校まで公立
  • 大阪在住

小学校から大学までの総額は1358万!
将来に向けて学費の貯金も考えると、小学校入学から大学卒業まで、毎月7万ぐらい必要。
あまりにも高い。

ケース2:大学は私学文系

  • 大学は私学文系。自宅から通う
  • 小学校から高校まで公立
  • 大阪在住

小学校から大学までの総額は1218万!
将来に向けて学費の貯金も考えると、小学校入学から大学卒業まで、毎月6.3万ぐらい必要。
これでもまだまだ高い。

この計算は子供1人当たりなので、2人だったら2倍!
奨学金も視野に入れる必要がありそう

小学校から高校までの学費

子育てに必要な学費は、いろんな本や雑誌で紹介されているけど、もうちょっと自分の状況に合わせて再計算とデータの内容確認。

使用したデータ:平成26年 文部科学省 子供の学習費調査

データには給食、図書、実習材料、家での学習、塾、家庭教師、遠足、通学など様々な項目を含む。
習い事も含む。
仕送りや食費などの生活費は含まない。

小学校、中学校

  • 「子供の学習費調査」に記載されている公立の費用
    よく紹介されているのは平均値。
    学費には塾代なども含むため、実際には人口が多い場所ほど金額がかかる。
    人口規模別という集計もあるため、政令指定都市の集計を使用。

  • 「子供の学習費調査」に記載されている私立の費用
    私立については人口規模別の集計がなかったので平均値。

  • 私立に通う生徒の割合
    小学生:1.2%
    中学生:7.0%

  • 私立学校数の割合
    小学校:1.1%
    中学校:7.4%

  • 中学生の学費が高い要因は中学3年の塾代や家庭教師代

年間の学費(1万円以下は切り上げ)

公立 私立
小学校 41万 154万
中学校 57万 134万

高校(全日制)

「高校授業料無償化制度(高等学校等就学支援金制度)」が2010年からはじまっている。
「高校授業料無償化制度」は2014年から所得制限が設定されている。
平成26年(2014年)のデータにはどちらも反映されている。

高校の給食代は私立・公立共に0円。別途費用がかかる。

私立に通う生徒の割合は32.0%
私立学校数の割合は27.5%

年間の学費(1万円以下は切り上げ)

公立 私立
高校 41万 100万

大学は自宅から通えるかどうか

都道府県によって差が大きい。
大阪なのであまり考えなくてよさそう。

1世帯辺りの自宅外通学者数

都道府県 人数
宮崎県 (全国最高) 0.71
鳥取 0.69
他の県は省略
大阪府 0.13
東京都 0.12
埼玉 0.08
神奈川 (全国最低) 0.06

全国平均は0.31。

平成28年度 教育費負担の実態調査結果

大学の学費

4年間の学費(自宅から)

国公立 私立文系 私立理系
大学 457万 675万 818万

受験費用、納付金、授業料、通学費、教科書費、施設設備費含む
情報元:入学前にチェック!大学4年間にかかるお金|All Aboutマネー

小学生から高校までの合計(高校までは全部公立)

小学校から高校までは全部公立になると思うので、公立で計算
小学校 41万 * 6 = 246万
中学校 57万 * 3 = 171万
高校 41万 * 3 = 123万
合計 540万

小学生から大学までの合計(高校までは全部公立)

ここからは大学の進路別に比較

小学校から大学卒業までの学費合計(大学は自宅から通うケース)

国公立大学 私立文系大学 私立理系大学
997万 1218万 1358万


大学進学先別、小学校から大学卒業までの平均月額学費(大学は自宅から通うケース)

国公立大学 私立文系大学 私立理系大学
5.1万 6.3万 7.0万

計算方法は「学費合計÷(6+3+3+4)÷12」

将来に向けて学費の貯金も考えると、子供1人当たり月7万ぐらい必要。
めっちゃかかるなー
計算間違ってるかなー(でも、総額の計算はココや、ココと見比べても差が少ない。。。)
奨学金も視野に入れる必要がありそう

メモ、参考リンク

追記

なぜ中学受験をするのか?
こちらの記事によると、東京では中学生の25%が私立か国立に通い、大阪では10%が私立に通っているらしい。自分の子供の中学を私立にするか、公立にするか、いずれ情報を集めて見直したい。