老後資金にいくら必要か、ざっくり試算してみた

スポンサーリンク

老後にいくら必要かは、どのようにシミュレートするかによって全然金額が変わってくる。10年先でもわからないのに、数十年も先なんて、わからない事だらけ。

f:id:sato_susumu:20171008051713j:plain

少し考えても。。。

  • 自分が何歳まで生きるか
  • 自分が65歳になったときに年金を貰えるか
  • 年金の支給額が想定どおりの金額か
  • 自分の資産がいくらになっているか
  • 介護など突発的な出費がないか
  • 消費税を含めた、税金の制度がどうなってるか
  • 物価が上昇しているかどうか

うーん、どれもわからん。

なので、いくつかのシナリオを想定して、ざっくり計算。

生活費の試算

現状の生活費をベースに、適当に試算。
子供関連の出費を適当に除けば、現状は月34万くらいかな。賃貸なのでどうしても高め。とりあえずこの金額で。

年金額の試算

ねんきんネットで試算。50歳からは給料が下がる前提で計算。
年金は順調に貰えれば夫婦合わせて月28万の見込み。
適当に税引き後25万と計算。

シナリオ

超楽観的シナリオ

65歳よりも前に十分な資産がある。お金については、何も問題ない状態。早期リタイアもセミリタイアも全然あり。お金についてこれ以上考える必要がない状態。まあ、無理だと思う。

楽観的シナリオ

年金は65歳からもらえて、金額も現状の想定される金額が満額支払われる。
生活費は月34万。
年金は月25万。
不足金額は月9万円、年間だと108万円。
80まで生きると計算して、必要な金額は 108 ✕ (80-65) = 1620万
90まで生きると計算して、必要な金額は 108 ✕ (90-65) = 2700万

65歳まで働く。
65歳時点で2700万用意できてれば、65歳以降は働かないで済む。

悲観的シナリオ

年金は70歳からしかもらえない。もらえる額も半額。
生活費は月34万。
年金は月13万。
不足金額は月21万円、年間だと252万円。
80まで生きると計算して、必要な金額は 252 ✕ (80-70) = 2520万
90まで生きると計算して、必要な金額は 252 ✕ (90-70) = 5040万

70歳まで仕方なく働く。
70歳時点で5040万用意できてれば、70歳以降は働かないで済む。

老後に必要な生活費でよく紹介される金額

老後の生活費は夫婦で25万や27万というのを見かける。
この金額は持ち家が前提なので、家を買う資金も必要(1500万で試算)
もし、生活費を27万までに抑えることができれば、必要な金額は次のようになる。

  • 楽観的シナリオで、90歳まで生きる
    必要な老後資金=2100万
  • 悲観的シナリオで、90歳まで生きる
    必要な老後資金=4660万

まとめ

  • もっと生活費の削減が必要。
    削減すれば老後資金も少なくて済むし、資産も増える。
  • 生活費が削減できない前提で、現状だと、老後資金の必要額は最低2700万、最高5000万。
  • 老後になって資金が足りなければ、最悪は働けば大丈夫(泣)